スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選で7候補の推薦を決定-日本介護支援専門員連盟(医療介護CBニュース)

 日本介護支援専門員協会の政治団体「日本介護支援専門員連盟」は6月9日、夏の参院選で推薦する7人の候補者を発表した。

 「ケアマネジャーの『国家資格化』を目指す」「社会保障制度を維持・継続していくための安定財源を確保(消費税の社会保障目的税化など)」「2012年4 月の介護報酬改定で、ケアマネジャーの業務実態や介護保険施設、居宅介護支援事業所の運営状況などを踏まえ、処遇改善、経営の安定化のための所要の措置を講ずる」など、同連盟が提示した政策協定に合意した候補を推薦した。

 推薦が決定した候補は次の通り(いずれも比例代表、敬称略)。
 安藤高朗(民主党)▽後藤俊秀(国民新党)▽佐藤ゆかり(自民党)▽清水鴻一郎(みんなの党)▽下田敦子(民主党)▽西島英利(自民党)▽藤井基之 (自民党)


【関連記事】
ケアマネ資質向上事業の予算維持を―日本介護支援専門員協会
施設ケアマネは「声を上げて」―介護支援専門員協会長
日本にケアマネジメントを確立する―08年回顧と09年の展望(8) 日本介護支援専門員協会・木村次会長
ケアマネの処遇改善など求め決議―日本介護支援専門員協会
「ケアマネ評価の行方」テーマに全国大会―介護支援専門員協会

川島海荷、広末涼子「MajiでKoiする5秒前」をカバー!
衆院は菅氏を首相指名 社民は福島氏に投票(産経新聞)
<池田小事件>鎮魂歌に父の祈り 発生9年(毎日新聞)
オンライン将棋「遊び処 ふくろふ」オープンβテスト開始
エコモ財団、交通環境学習を支援…小中学校の募集開始(レスポンス)
スポンサーサイト

マンション火災、1人死亡=13人重軽傷―札幌(時事通信)

 1日午前7時ごろ、札幌市中央区南7条西の4階建てマンション「ライフコア」から出火、約3時間後に消し止められた。消防によると、この火事で1人が死亡し、12人が打撲やのどのやけどで軽傷。ほかに1人が全身やけどで重傷を負ったが、意識はあるという。
 北海道警と消防によると、1階の1室が激しく燃えており、遺体は1、2階を結ぶ階段付近で見つかった。道警は身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。 

仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
自民幹事長が福島氏の辞任を要求 「内閣の統一が取れていない」(産経新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)

塩事業センターなど対象=公益法人仕分けスタート(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は20日午前、都内で、公益法人などを対象とした事業仕分け第2弾の後半戦をスタートさせた。午前中は塩事業センター(財務省所管)など5法人(5事業)、午後は10法人(11事業)を取り上げる。
 仕分け作業後半戦は20、21、24、25各日の計4日間で、公益法人など70法人の82事業が対象。事業の必要性を判断するほか、官僚OBの天下りなどを追及し、税金の無駄遣いをあぶり出したい考えだ。
 塩事業センターは、約4割の市場シェアを占めている家庭用の塩供給事業が対象となった。販売価格が適正かどうかや、資産から負債を引いた「正味財産」が約600億円に上ることなどが議論の焦点となる見通し。ともに経済産業省が所管する省エネルギーセンターと新エネルギー財団も取り上げ、それぞれが行う表彰事業について精査する。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
事業仕分けのスケジュール
「天下り」「事業独占」にメス=公益法人、20日から仕分け

漁船転覆、2人不明=大分(時事通信)
石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
「杭打ち方式断念」報道を否定 普天間問題で松野官房副長官(産経新聞)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
デコルテケアで見た目の印象を若々しく 年齢に関係なくケアを(産経新聞)

小1の1500円ネコババ巡査長、別の落とし物の現金も着服(産経新聞)

 兵庫県警西宮署の巡査長が、落とし物として届けられた小銭入れから現金を着服した事件で、別の落とし物の財布からも現金を着服していたとして、同署が業務上横領などの容疑で、甲陽園交番勤務の巡査長、小松喬容疑者(27)=神戸市北区=を追送検していたことが12日、わかった。県警は同日、小松容疑者を懲戒免職処分とした。

 追送検容疑は、今年3月13日、拾得物として同交番に届けられた30代の女性の財布から現金約1万8千円を抜き取り、着服したとしている。

 捜査関係者によると、小松容疑者は、女性の財布に約400円残し、拾得物として処理していたという。小松容疑者は先月21日、交番に届けられた小学1年の男児(6)の小銭入れから1500円着服したとして逮捕されていた。

【関連記事】
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
忘れ物のイコカを詐取 元JR西社員を逮捕
住民納めた税金着服の疑い 大田区元係長逮捕
京丹後市元職員を書類送検 赤い羽根募金の一部を着服の疑い
自殺に失敗、寒くて119番 家賃着服を告白して逮捕

デジモン・シール架空発注、8600万詐取容疑(読売新聞)
<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
鈴木宗男氏 北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
たばこの似合う舘さん、禁煙指導=神奈川県(時事通信)
介護者死亡の高次脳機能障害者ら、代わり「いる」は2割弱 NPO調査(産経新聞)

「黄色」身に着け、思いアピール=参加できない人も統一カラー-那覇(時事通信)

 「黄色を身に着け、反対の意思を示そう」。普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会が開かれた25日、県内では、参加できない人たちも統一カラーの黄色を身に着け、思いをアピールした。実行委員会の呼び掛けに応じた形で、繁華街の商店主らは「どういう方法でも意思表示は大切だ」などと訴えた。
 那覇市で食料品店を営む備瀬隆さん(53)は、開店時から黄色いシャツを身に着けた。「本当は行きたかったが、店は閉められない。それでもこういう形で参加できてよかった」と話した。
 また、「せっかくなら普天間飛行場に10万人を集結させた方が『県内移設反対』を分かりやすく伝えられる」とも。「最低でも県外」と表明して発足した鳩山政権に対しては「自分で言ったからには実行してほしい。発言がぶれ過ぎだ」と批判した。 

地方へのしわ寄せ懸念表明=財政健全化目標で-知事会など(時事通信)
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」(産経新聞)
舛添新党、苦渋の決断…参加議員も広がり欠く(読売新聞)
81歳タクシー運転手、無免許容疑…半年乗務か(読売新聞)
APECに向け初の大規模訓練=本番はSP1000人超投入-警察庁(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。